水虫の原因と症状

水虫が最も繁殖する時期が梅雨の時期とされています。また寒い冬場は厚着をすることから足が蒸れるなどから水虫の住みよい環境が生まれてしまいます。当サイトでは水虫の原因や症状についてご紹介します。

水虫の疑いのある足

水虫の原因と繁殖時期について

水虫はカビの一種である白癬菌が、皮膚の角質層の中にまで侵入して増殖することで発症する感染症です。
主にかゆみや炎症を起こし、足がジクジクとした症状が現れ、水疱ができることもあり、酷いときには爪の中にまで侵入してきます。
白癬菌は手や頭皮にも寄生することがありますが、ほとんどはカビの好む高温多湿の条件を満たす足に発生し、一昔前は男性にかかる病気とされていましたが、最近では長時間靴を履いたまま仕事をする女性や、通気性の悪いブーツなどを履くことから女性でも発症することがあり、水虫に悩む女性が増えてきています。
水虫の感染経路は主に感染している人からになり、足の角質が剥がれ落ちたところを、素足で踏むと白癬菌が付きます。この状態ではまだ角質層にまで定着しておらず、細胞内にまで侵入するのに24時間かかると言われ、それまでに足を洗って白癬菌を落とすことで感染を防ぐことができます。
つまり白癬菌の感染は、足の不衛生によるものだと言えます。長時間靴を履いて蒸れたまま足を洗わずにいると、白癬菌が活動しやすい環境を作ることになるので、自宅に戻ったらなるべく靴下は脱いで、蒸れにくいサンダルなどを使用して、足も清潔を保つようにしっかり洗うようにする必要があります。
カビは高温多湿を好むことから、感染しやすい時期は湿気が高まる梅雨や夏場の時期で、プールや大衆浴場などの更衣室で感染することがあります。
逆に乾燥した冬場は大人しく、水虫に感染していてもかゆみが起こらないことも多く、治療中の人も水虫が治ったと勘違いして、治療をそこでやめてしまう人も少なくありません。
一度感染すると、治療にはとても時間がかかるので、感染予防のためにも高温多湿の場所を避けたり、足を乾燥させるなどの工夫が必要となります。

●治したいと思った方は!
イトラコナゾールで水虫を本気で治療

●ジェネリックでお安く治療!
イトリゾール