水虫の原因と症状

水虫が最も繁殖する時期が梅雨の時期とされています。また寒い冬場は厚着をすることから足が蒸れるなどから水虫の住みよい環境が生まれてしまいます。当サイトでは水虫の原因や症状についてご紹介します。

水虫の疑いのある足

幼児の水虫の症状と対処法は

水虫といえば大人がなるものと思われがちですが、実は幼児でもかかることがある病気の一つです。

水虫は白癬菌という菌が足の指に入り込んでしまうことで起こる感染症です。
両親があるいは片方が水虫持ちだったすると幼児にも感染することがあります。

しかし、いくら親が水虫であっても白癬菌は非常に弱い菌であるため足に付着したくらいではすぐに感染しませんが、白癬菌の好むジメジメ湿った状態を作ることで繁殖して水虫になることがあります。

例えば、洗ってない靴をずっと履いていたり、水虫持ちの人と同じバスマットを使用していると感染し症状が出てくるようになります。

幼児の水虫の症状は、基本的に大人と変わりません。

足の間がかゆくなったり、皮がいっぱい剥けたり赤みが出たりします。
放置すると今度は爪にまで繁殖範囲を広げて、爪が変形したり厚くなったりする爪水虫になる恐れもあります。

足の指をモジモジしたりかいているような症状があれば感染している可能性が高いので早めに皮膚科で治療するようにしましょう。

幼児に感染しないようにするためには、まずお風呂に入った際にはしっかりと足の間を洗うようにして、バスマットやバスタオルを頻繁に変えるようにすることです。

また、同じ靴を長期間履かないようにして時々は休ませることと、原因である親の治療をすることです。

幼稚園や保育園などの集団生活で幼児が先にもらってくることもあるので、症状が出た場合には親にも感染しないように早めに治療することが望ましいでしょう。

原因と対処法を知っていれば、むやみに怖がることのない病気ですので、発症した場合にはしっかりと治療して日頃から感染しないように足を清潔に保つようにしましょう。