水虫の原因と症状

水虫が最も繁殖する時期が梅雨の時期とされています。また寒い冬場は厚着をすることから足が蒸れるなどから水虫の住みよい環境が生まれてしまいます。当サイトでは水虫の原因や症状についてご紹介します。

水虫の疑いのある足

手にも水虫ができる!?洗濯には注意しよう

水虫といえば足にできるといイメージがあります。
しかし、足に比べると少ないものの、手にも水虫ができてしまうケースがあるので、注意が必要です。

水虫はカビの1種、白癬菌に感染する事によって引き起こされます。
足の裏に白癬菌が感染した場合、強い痒みや水疱、また皮膚がジュクジュクとただれたようになるといった、症状を引き起こす点が特徴です。

一方、手にできてしまった場合、このような症状はほとんど起こりません。
手に白癬菌が感染すると角質増殖型といって、角質が厚くなりひび割れたり、皮膚がポロポロと剥げ落ちるといった症状を引き起こします。
痒みはほとんど無い為、水虫とは気づかない方も多いようです。

ただの乾燥だと思いクリームなどでケアしていては、白癬菌はどんどん増殖してしまい、水虫の症状も悪化してしまいます。

足の場合、靴を履いている事から白癬菌が好む、高温多湿という事で水虫にかかりやすいと言われていますが、手は洗う機会も多いので感染するリスクは少ないように感じます。

手の場合、元々足に白癬菌が感染していた方が、手にも移るケースが多いようです。
また、洗濯によって感染する事もあります。

例えば、水虫に感染している方が使ったタオルや、バスマットを洗濯しようとして触ると、そこに付着していた白癬菌が手に移ってしまう恐れがあるのです。

特にバスマットや靴下は湿っており、白癬菌が繁殖しやすい状態になっているので、洗濯する時には注意しましょう。
白癬菌に感染している方の衣服などと、一緒に洗濯しても他のものに白癬菌がついてしまうという心配は、ほとんどありません。
ですが、洗う前のものには白癬菌がついているので、触ったら石鹸でしっかり手を洗う事が大切です。